<ウォーキングの服装>ウォーキングの服装と歩き方の基本とは?

ただしいウォーキングの姿勢やポーズと歩き方にかんして

ウォーキング,服装

健康の為にただしいウォーキングで[歩こう!]とおもっている人にも、ウォーキンググッズと云っても持ち歩けないものだが、全身が映る鏡を用意し、何時も自身のただしいウォーキングの姿勢やポーズを想定して、自身を映して閲覧する癖をつけると良いだろう。
街を歩く人々を観ていると、肩を丸めて歩く人、うつむいて歩く人、背骨が左右に曲がっている人等、姿勢やポーズの悪い人はたくさんいる。
姿勢やポーズの悪さは、ルックスの悪さのみでなく、体にも悪影響をおよぼす。
例を挙げると背骨のゆがみ。
姿勢やポーズの悪さからくる肩こり、腰痛、頭痛、慢性疲労等はよく認識された話だ。
姿勢やポーズと云うのは、その人が長い年月をかけて体につけてきた癖とも云える。
その癖を、大きな鏡の前で点検して、ただしいウォーキング姿勢やポーズを身に付けよう。
両肩は左右どちらかが下がっていないだろうか?
横向きにもなってみると良い。
背中は丸まっていないだろうか?あごは上がっていないだろうか?
息抜きして何回も自身の姿を点検してみて欲しい。
鏡の前ではピンッとよい姿勢やポーズでも、動き出すと背中が曲がってしまう人もいる。
ただしいウォーキング姿勢やポーズかどうか等も、家族や知人に点検してもらうと良いだろう。
自身の家に拠っては、出掛ける前の身だしなみ点検のためや、ただしい姿勢やポーズかどうか点検する為に、玄関に鏡(もしくは靴棚に鏡がついたもの)を置いてあるところもあるだろう。
ただしい姿勢やポーズかどうか確認するためのウォーキンググッズの1つとして、こういった具合に大きな鏡を用意し、自身の姿勢やポーズを点検してから出掛ける慣例を身に付けると良いだろう。
ただしく健康に歩く為に、ただしいウォーキング姿勢やポーズから身に着けよう。


スポンサードリンク

ウォーキング用の靴の履き方にかんして

ウォーキング,服装

これから[よし、歩こう]と気合い充分な人、まず揃えたいウォーキンググッズと云えば、専用の靴だ。
普段から履きなれている運動靴でも良いのだが、長くウォーキングを継続するつもりなら、それに合った専用の靴を購入するのも良いかとおもう。
ウォーキング靴は多種多様なタイプのものが販売されている。
各々の特質をよく観て、自身の歩く目的に合っているか、現実にウォーキング用の靴としての履きやすさはどうか等冷静に選びたいものだ。
つま先にゆとりがある事も勿論だが、ひも等でアレンジ出きる事、中敷が交換出きる事も肝心な重要点だ。
靴の履き方の要点だが、まず足を靴に入れたら、足をかかと側に寄せて足先を上げる。
そして、まめの制御かつ予防や足の甲の圧迫を制御かつ予防する為に、靴下のしわや、靴のベロ部分のしわを取り除きアレンジする。
ウォーキング用の靴の足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだ時に窮屈になりがちな為、これに対応して伸長するようなひもの通し方をしておくと良い。
ウォーキング用の靴に適したヒモの通し方は、穴の内部から外部に向かってひもを通す方法だ。
こういった具合にひもを組み上げておくと、甲が張り出したときの窮屈さが緩和され、動作しやすくなるのだ。


ウォーキングマップにかんして

近頃ではカーナビゲーションの普及や、携帯電話からもナビがみられると云う事で、車に限らず歩いて出掛ける時にもたいへんべんりに成った。
しかし歩く事を趣味にするのだったら、グッズの1つとしてウォーキング用のマップを持ち、なおかつそのマップを詠めるようにしておくと良いだろう。
マップは大型書店や通信販売でも購入する事が出きる。
また、国土地理院のホームページから、2万5千分の1のマップを閲覧する事が出きる。
ウォーキング用のマップとして利用する為、本のタイプではなく、折りたたんで持ち運べるタイプが良い。
マップは1枚で横が20kmのものが、歩くのにちょうど良いものだ。
マップには山、川、鉄道、駅、道、学校、市役所、病院等の記号が記載され、公園や信号の名前もしくは名称が記述されているものも有る。
マップの使い方としては、歩く際の目標物等をあらかじめ決定させておいたり、どこで休憩しようか等の計画を立てられる為、ウォーキングの楽しみも増大する。
また、マップ上でコースを決定する時に、ざっくりの距離も図る事が出きる。
現実にウォーキング用のマップをもって歩き、マップ上では省略されている学校名やトイレのところ、目印に成る店の名前もしくは名称等を後で自身で記入すると、オリジナルのマップができあがる。
こういった具合に、マイオリジナルのウォーキンググッズを作成するのも、1つの楽しみに成るのじゃないだろうか。

ウォーキングの服装にかんして⇒肌着

通常、肌着と云うと綿素材が一般的だが、綿は濡れると乾くのに時間がかかる為、布地が汗を包括すると体温がとられてしまう。
予測外にも、綿素材の肌着と云うのはウォーキングにはあまり向いていないようだ。
その為、ウォーキングの服装として肌着を身に付けて歩く時は乾きの早い合成繊維のものが良いだろう。
この肌着は、吸汗性、通気性のよい素材を選択して欲しい。
ダクロン、クロロファイバー、ポリエステル、これ以外相当の種類がでている。
抗菌・消臭加工してあるものや、汗や雨に濡れると発熱する素材や、反対にわざとひんやり実感させる素材のものも有る。
ウォーキングの服装として肌着は、歩くところ、季節、気候に応じて選びたい。歩くと体の熱をアウトプットさせる為に汗を多量にかいてくるのだ。
衣服の中にたまった湿気が体を冷やして、風邪の原因に成るのみでなく、疲労がたまりやすくなる。
自身の体を1番身近で守ってくれる肌着は、途方もなく大切なウォーキンググッズと云えるだろう。

ウォーキングの服装にかんして⇒夏

毎日のウォーキングを日課にしている人は、殆ど日中の炎天下では歩く事はないだろう。
しかしながら、朝か夕方とはいえ、夏の日差しを侮ってはいけない。
夏場の服装としては、日焼けや熱中症から体を守る為に、試行錯誤した服装が必需品だ。
夏場のウォーキングの服装は、汗の蒸発と体温の熱をアウトプットさせる為に、軽くゆったりとしたデザインのものを選択する事だ。
丸首のTシャツが良いように実感出きるが、首は殊更に日焼けしやすい部分な為、襟付きのシャツを襟を立てて身に付けるか、首に手ぬぐいやバンダナを巻くと云う方法も有る。
夏場のウォーキングの服装はグッズとして、水を包括するとヒンヤリ実感させる素材で出きたバンダナも販売されている為、首や頭に巻いて利用するのも良い。
また、普段から日焼けしていない人は、半ズボンはやめた方が良い。
膝の裏側が意外と気付かないうちにヒドい日焼けをしていまう事がある為、丈の長めのズボンをお勧めする。
夏場の素材は通気性、吸水性、発散性の高いものを選択するようにしよう。
UV効果のあるシャツやズボンも販売されている為、ウォーキンググッズとして数枚もっておくと良いだろう。
夏場のウォーキングの服装として帽子は勿論必需品だ。
また、自身の家から出発して自身の家に帰るまでのウォーキングの場合はよいのだが、歩いたあと電車に乗って帰宅する場合等は、予備の着替え用シャツを用意しておくと、周囲に気兼ねなく過ごせるとおもう。

ウォーキングの服装にかんして⇒冬

寒い季節にウォーキングをするにあたって、揃えておきたいグッズが何種類か有る。
お正月恒例の駅伝では選手はランニングに短パンで走っているが、ウォーキングは走るのとは相違するので服装の基本は防寒だ。
しかしながら、寒いからと云って肌着等を何枚も着込むと、汗をかいて反対に体を冷やして風邪を引いてしまう事もある。
また肌着をたくさん着込むと動作しにくくなる。
冬場のウォーキングの服装としては、重ね着でこまめに温度をアレンジする事が肝心だ。
冷たい北風から体を守るウインドブレーカーは絶対に欲しいグッズだ。
冬場の服装の素材に拠っては、雨よけ(レインコート)に成るものも有る。
また、冬場の服装を脱ぎ着した上着を入れるためのザックも必需品だ。
首周りから体温が逃げて足を運ぶのを防ぐ為に、冬場の服装の一部としてマフラーも欲しいものだ。
冬場のウォーキングの服装のズボンの中には、寒ければインナーウェアをプラスすると良いとおもう。
また、歩いている時は暖かくても、休憩する時には体が冷えるので注意が必須事項だ。
冬場の服装じゃないものだが、保温マット等があると、休憩時に体温が逃げるのを防ぐ事が出きるだろう。

ウォーキングの服装にかんして⇒雨天時

雨天時のウォーキングの服装にはレインウエアが必需品だが、ゴアテックス等の素材は透湿性、防水性が高く、汗を通してくれるため蒸れない。
また防風対策も考慮してある為、グッズとしてのみでなく、冬の間の日常的な防寒服として活用価値は大きいものだ。
雨の日のウォーキングの服装のレインウエアは上下に分類されたタイプが動作しやすくてお勧めだ。
1枚余分に身に付ける事に成る為、中に身に付ける服は1枚減少させると良いだろう。
色は、危険抑止の為、天気の悪い日でも車から観やすいように明るい色を選択すると安全面からも安心だ。
また雨の日の服装としてポンチョも頭からザックリ覆えるのでお勧めだが、風のつよい日等には舞い上がってしまうので使用しにくいとおもう。
突如の雨に対応する為、普段からウォーキングに持ち歩くには、雨の日の服装としてポンチョは良いとおもう。
雨の日のウォーキングの服装ポンチョはレインウエアと比較して安い価格で購入出きる。
靴は皮製であれば、出掛ける前にオイルを塗布しておくか、シューズカバーを上手に活かすと良いだろう。

ウォーキングと音楽にかんして

直接歩く事に関わりはないかも知れないが、ウォーキンググッズとして音楽を携帯する人が増大しているようだ。
イヤホンをつけて音楽を聴きながら軽快に歩いている人をよく見掛けないだろうか?
音楽を聴きながら歩く事で、リズムも刻みやすく、何よりエンジョイしながら歩く事ができ、モチベーションを高める事が出きる。
時々、音楽を聴きながらだけでなく、自身で歌いながら歩いている人もいるけどが・・・・・・ある意味、音楽を携帯すると云う点では同じだろう。
[毎日のウォーキングを日課にしたいけど、飽きてしまってつづかないかも]と云う人にも、音楽を併せたものは効果的かも知れない。
でも、音楽を聴きながらウォーキング、例を挙げると大音量で歌を流していると周囲の人に迷惑がかかったり、歌を聴いている為に車の音に気付かず危険な状況になったりしては問題だ。
マナーと安全をよく考慮した上で、音楽を聴きながらウォーキングエンジョイして欲しい。
現状、携帯型音楽プレーヤーとシューズをミックスさせた新しいウォーキンググッズが開発されていると云う。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める