<手作りアルバムの作り方>手作りアルバムの作り方と素材や台紙

[手作りアルバム]について

手作りアルバム,作り方

近頃、幼稚園の卒園式や結婚式等のウェディングでが作成されているようだ。
[手作りアルバム]とは何げない表現ではあるが、世界に1個しかない自身のアルバムを作成する事で、国際的には[スクラップブッキング]と云う。
思い出の写真や記念写真を、世界に1個しかない自身のみの飾り付きアルバムに仕上げるものが、昨年辺りから静かなブームに為っている。
[手作りアルバム]とは、そもそもアメリカで開始したクラフトワークで、1980年ごろユタ州で家族の絆を強める方法として、口コミで広まったのが発端のようだ。
日本では5年ほど前に案内されて、とっくにNPO法人[スクラップブッキング協会]と云う団体もできあがっている。
[手作りアルバム]は、この1年から2年間に愛好者が急増し、現状では3万人を超越すると云う事だ。
デジタルカメラやパソコンで写真画像が加工しやすくなった事も、ブームに拍車をかけたようだ。


スポンサードリンク

[手作りアルバム]の作り方と素材や台紙について

手作りアルバム,作り方

[手作りアルバム]の作り方としては、作成者が、自分自身が考慮した通りに、思い出が楽しく、鮮やかに残るようにアルバムを組み立ててゆくのだ。
この作り方としては、、写真をレイアウトし、カラフルな台紙、色とりどりのリボン、楽しいステッカー等を上手に組み合わせ、その時々の感動や喜びを書き添えてゆくのだ。
[手作りアルバム]に書き添えた文章はジャーナルと云う。
素材はカラフルで楽しいものばっかりだが、耐久性には充分に考慮してある。台紙も劣化しにくい素材を活用している。
数10年後に観ても色あせないものが、シンプルに造れるように為っている。
思い出を自身のスタイルの[手作りアルバム]に加工していくと云う仕事に癒やされてしまい、はまってしまう女性が少なくないようだ。


[手作りアルバム]のブームが拡大について

この静かな[手作りアルバム]のブームが、関連製品の市場を巻き込んで拡大してきている。
[手作りアルバム]の台紙を切り抜くパンチなんかは2000種類まで増加し、国内市場規模100億円にもなるとも云われている。
文具メーカー[呉竹(クレタケ)]の直営専門店[アート&クラフトDUO東京青山店]は、スクラップブッキングの専門店としては本当に超有名で、スクラップブッキング関連の講座を継続的に開講し、大好評を得ているようだ。
東京都文京区の文具店[かみもと文具]は専門コーナーを設けて、常時500種類の飾りつけ用グッズを揃えているそうだ。
デジカメ、プリンターメーカーも、スクラップブッキングを視野に入れた製品大展開に力をいれていると云う。
エプソンやキャノン等は、各々自社のホームページのなかでスクラップブッキングのページを設け、豊富な素材をダウンロード可能にしている。
現状では、癒し系の趣味として日本に根付いたとも云える[手作りアルバム]だ。
[手作りアルバム]は、アメリカ発祥の[スクラップブッキング]の流れを継承しながらも、日本人ならではの肌理(きめ)の細やかな、手先の器用さに拠って、更に心豊かな思い出を加工するクラフトワークに進化したと云えるだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める