<フリルの描き方とは?>フリルの正しい描き方と縫い方

フリルの正しい描き方の基本と秘訣について

フリル,正しい,描き方

フリルの描き方は、描き手に拠ってもちがい多種多様なものがある。
フリルの描き方と一口に云っても、多種多様なフリルがあるように描き方にも多種多様な技法があるのだ。
まず、種類や形等[フリル]そのものの構造をよく肝に銘じる事が、上手に描く秘訣だ。
これが、正しい描き方の基本だ。
フリルは、生地が代わる代わる縫い合わされ、波打ちしたように為っているものだ。
秘訣のとしては、フリルそのものを自由に描く事だ。
線を描く時には、フリル独特のあのやわらかさを表現する事を失念しないようにする事が正しい描き方の1番途方もなく大切な秘訣だ。
正しい描き方として、何種類かあるが1番シンプルなのやり方が、波を打ったような線を基本として描き、フリルにどれだけ見せられるかと自身で描いていくと、だんだん上手に描く事が出きる。


スポンサードリンク

フリルの正しい描き方と縫い方について

フリル,正しい,描き方

フリルの描き方で初めにやる事は、洋服に縫い合わせてあるフリルを閲覧する事と、布とフリルが縫い合わせてあるかどうかだが、この布端となる線を一本描く事からスタートする。
そして、線にそってカタカナの[ワ]を描いていくが、[ワ]と[ワ]の間をやや開け[ワ]と[ワ]を線で繋げていくと、フリルの原型に近寄っていくのだ。
この線を繋げる時に、ただまっすぐの線で繋げるのではなく、[U]と云う文字のような線を描くが、窪みをやや押さえる事が途方もなく大切だ。
まるっきり[U]の字目にしたいな線ではおかしい為、滑らかに線を描いていくのが秘訣だ。
其れから、[ワ]の中心にフリルのシワとなるものを描き込みすると、シンプルに上手に描く事が出きる。
これを、基本にしていくと多種多様なものを上手く描く事が出きるのだ。
これが、フリルの正しい描き方と縫い方の基本だ。


レースフリルの正しい描き方について

絶対にフリルを描いていく時に初めに一つの[線]を描いていく事からスタートする事が重要なポイントだ。
フリルにも多種多様な形があるように、[ワ]としていた部分をギザギザな線で表現していくとまたちがった形を描く事が出きる。
これがレースフリルの正しい描き方の基本に成る。
正面で目にしたときと横から目にしたときと云う具合に、全くちがった角度で目にした時に[フリル]の形は多種多様にみえてくるから不思議だ。
レースフリルについて、もっとおおく知りたい場合には、インターネットの本屋や近くの書店で[アニメ]の描き方等が掲載されている本等が発売されているので参照にしてみて欲しい。
こういった類の本を詠むと、スカートにかんした正しい描き方やブラウスに付いているフリルの正しい描き方、動作しているフリルの正しい描き方、ペチコートにかんした正しい描き方、レースフリルの正しい描き方等と、多種多様な表現方法が掲載されているから、1度参照にしてみると自分自身のフリルを上手に描いていく事が出きるようなる事だろう。

フリル (frill)とは?

フリル (frill) はそもそも、衣服の裾(すそ)、襟(えり)、袖口(そでぐち)等に施される装飾の一種の事だ。
幅狭の別布、もしくは共布の縁を、絞ってギャザー(ひだ)を寄せたものだ。
別布の場合は薄くやわらかい布地が使われ、たまにレースが使用される事もある。
類義語としてラッフル (ruffle)、フラウンス (flounce) がある。フラウンスは幅が広めのものを云うそうだ。
フリルは、殊更に子供服や婦人服に活用されるが、かつては男性用シャツの胸飾り等にも活用されていたそうだ。
ついでに、フリル(ラッフル)から発展した装飾品として、襞襟(ラフ)がある。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める