<無痛分娩とは?>無痛分娩出産を産婦人科や病院でやる方法

無痛分娩とアロマセラピーの関係にかんして

無痛分娩

アロマセラピーとは、治癒を求め、心と体のリラクゼーションを助長する目的で、花から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を活用する事だ。
これは、体が本来所有している自然治癒力を高めるための、自然療法の一つだ。
アロマテラピーが分娩に利用されるようになったのは近頃の事だが、麻酔薬による無痛分娩の代替医療として、妊婦に大人気があるようだ。
陣痛時や分娩時の状況に応じて、アロマセラピーを取り入れる産婦人科や病院が増大している。
アロマセラピーは殊更に、オイルをマッサージしながら皮膚に塗布する方法と、エッセンシャルオイルの香りを吸い込む方法の2つがある。
一部のエッセンシャルオイルはリラクゼーション効果を高め、無痛分娩とまでいかなくても、痛みを緩和する効果があると考慮されている。
気持ちを静め、心地良い気持ちにさせてくれる特性が、無痛分娩とは違ったポジティブな感情を生じ息抜き出きるのだろう。
麻酔薬を用いた無痛分娩のような直接的な鎮痛効果がなかったとしても、アロマセラピーは懸念を鎮め、陣痛を上手く乗り切るのに役立つ。
分娩時によく活用されるエッセンシャルオイルの種類と効果を以下に挙げてみる。

ラベンダー

懸念を鎮め、リラクゼーション効果あり。

 

フランキンセンス

心を落ち着かせ、深い呼吸を誘う。

 

ベルガモット

懸念を低減させる効果をもつ。

 

ペパーミント

吐き気が制御出きる。

 

ローマンカモミール

気持ちを静め、眠りを促進する。

 

オイルの種類に拠っては血圧を下げる機能がある為、分娩時にアロマセラピーを活用したい場合は、ドクターとよく対話する必須事項がある。


スポンサードリンク

無痛分娩と鍼(はり)治療の関係について

無痛分娩

[産婦人科プラス鍼灸治療]と云うと、逆子治療や不妊症、生理痛の治療等がよく認識されている。
鍼や灸で本当に病気が治るのか、疑惑をもつ人も少なくないとおもうが、殊更に逆子治療等は短期間で効果が表れ、現実に施術を受けた妊婦は驚愕していると云う。
また逆子等の問題がない場合でも、安産に向けて子宮をやわらかくする為に、妊娠期間中から鍼灸療法を取り入れる産婦人科や病院もあるようだ。
鎮痛法としての鍼療法は、殊更に慢性的な痛みの緩和を求める人達におおく用いられていて、分娩時の痛みの緩和(無痛分娩)を目的として活用される例はまだ一般的じゃないと云う。
しかしながら、妊娠以前に他の症状で鍼治療を受けた女性や、副作用の多くはない無痛分娩法を希望する女性からはたいへん支持しているやり方でもある。
鍼療法は中国で古くから治療に用いられた手法で、熟練した鍼師が細くて長い[鍼]を体の多種多様な部位の皮膚に刺す療法だ。
[鍼]がなぜ効くのかは、まだハッキリと把握出きていないが、一説では、[鍼]の刺激に拠って、痛みを緩和する活動のあるエンドルフィンと云う化学物質が筋肉や脳に分泌されると云われている。
こうした内因性の鎮痛物質だエンドルフィンの分泌に拠って、陣痛の痛みもコントロール出きるのじゃないかとされている。
陣痛が開始したら、できる限り早い時期から鍼療法をスタートすると効果的だと云う。
陣痛時に鍼を刺す重要なポイントは、腕や脚、耳、手、足首、腰等にある。
鍼を刺す時には、殆ど痛みの感覚をもたないようだ。普通、鍼は15分から40分ほど刺したままにして置くのだ。
無痛分娩ほど充分な鎮痛効果は待望出きないにしても、鍼を打つと息抜き出きたとか、エネルギーが湧いたと云う人もいるくらいだ。


無痛分娩と水中出産の関係とは?について

妊婦がよく耳にする出産方法の中に[水中出産]がある。
この方法は、麻酔を使わずに陣痛の痛みをやわらげる目的の、いわゆる代替医療による無痛分娩の一種だ。
日本でも、水中出産を熱望し、無事に出産をした人はおおくいるが、討論あると云う。
水中出産とは、陣痛がピークになってから人の体温レベル(35度から38度)の温水をはった出産用のプールに入り、その中で出産する方法だ。
自身の家で出産する場合は浴槽を利用する事もある。
水中出産とは云っても、[医療的な無痛分娩を実践したくない][自主性を生かして自然な出産を実践したい]と云うアクティブバースの一つなので、ずっとプールに入っていると云う決まりはなく、最終的には自身が快く産む事が出きる部分や姿勢やポーズで出産すれば良い。
水中出産で水の中で赤ちゃんを産むと、赤ちゃんがおぼれてしまうのでは、と懸念される人も居るだろう。
しかしながら、赤ちゃんはお腹の中にいる時と同じように、胎盤を通じて空気を取り入れている為、息ができなくなっておぼれる事はない。
水中出産のメリットとして挙げられるのは、体温レベルの温水に入ると息抜き出きる事、そして陣痛の痛みをやわらげ、スムーズに出産が出きる事だ。
更に水中出産の場合、パートナーも一緒にプールに入り、分娩のサポートを実践する方法をとっている産婦人科や病院も在り、夫婦が一緒になって赤ちゃんの新しい命の誕生を祝う事が出きる。
水中出産のデメリットとしては、陣痛の初期の段階からプールに入ると、母体の疲労の為に陣痛が弱くなる事がある事だ。
また、水中でのお産は出血量が増大すると云われる。
更に水中出産の場合、キッチリと管理された出産専用のプールを使わずに実践した為に、母子感染が問題になった事もある。
こういった具合に水中分娩では危険度も少なからず結びつく為、ドクターや助産師の解説を充分に了解・了承した上で実践して欲しい。

無痛分娩とソフロロジー法について

お腹の中で赤ちゃんを発達させている妊婦は、1度は[ソフロロジー]と云う言葉を耳にした事があるとおもう。
分娩法の一種で、赤ちゃんがピンク色の肌をして誕生してくるとか、と云う話をそれとなく耳にした事はないだろうか?
ソフロロジー法は、麻酔薬を活用しない無痛分娩、つまり代替医療法の一つだ。
ソフロロジー法では、心と体を訓練する事で精神状態や体の安定を得ると云う、東洋的な禅やヨガの様式を取り入れて訓練するものだ。
ソフロロジーの目的は、妊娠中から母性をはぐくみ、出産・育児へ繋げる為、全部をあるがままに前向きに受け入れる事だ。
[出産は、母親と赤ちゃんの初めての共同仕事][陣痛は、赤ちゃんを生み出すための肝心なエネルギー]と、出産に対して前向きに把握されるように訓練していくのだ。
ソフロロジーの具体的方法は、基本だ[あぐら]の姿勢やポーズをとり、息抜き音楽を聴きながら、呼吸法の練習をしたり、出産の様子をイメージトレーニングする事だ。
そのソフフロジーの積み重ねにより、やがて陣痛への懸念が、自身に受け入れられる前向きな考えに変わっていくと云う。
ソフフロジーにより、いざ分娩が開始しても、ゆったりとした呼吸で心身共に息抜きをはかり、赤ちゃんが自然にでてくる力を生かせるようにする。
その為、ストレスという心理的負荷のかからないピンク色の肌をした赤ちゃんが誕生してくる、と云われているのだ。
産婦人科や病院に拠っては、このソフフロジーのような麻酔を活用しない無痛分娩法を、和痛分娩と呼び分けているところもあると云う。

無痛分娩とラマーズ法にかんして

ラマーズ法とは、実に知名度の高い出産方法でも在り、ラマーズ法は自然で非医療的な無痛分娩の方法の一つだ、と云う捉え方も出きる。
ラマーズ法とは、いわば精神状態あらかじめ防止の無痛分娩だ。
現状のラマーズ法の基本的な考え方は、分娩は正常かつ自然で健康的なもので在り、陣痛は分娩を促進する為に必須なものだと云うものだ。
殊更に米国でのラマーズクラスでは[陣痛は自然に開始するもの][分娩中は自由に動き回って構わない][継続的な分娩サポートが必須事項だ][慣例的な医療介入は実践しない][出産時には自由な姿勢やポーズをとる][出産後は母子同室で、授乳の規制をしない]と云う方針を採用しているそうだ。
ラマーズ法では、産婦の主体性の途方もなく大切性を強調しており、陣痛がつよくなっても快適でいられるように、多種多様な方法を活用する事を奨励している。
また、パートナーが途方もなく大切な活動を成し遂げる。
ラマーズ法の1番の秘訣とも云えるのは呼吸法だ。
分娩の経過や陣痛の強さに合わせて呼吸をする事で、陣痛の痛みを乗り越えるのだ。
良い呼吸法が実践されると、産婦自身が息抜き出きるのみでなく、赤ちゃんにも充分な酸素が取り入れられる。
また、鎮痛薬等の薬剤を使わずに分娩を実践する為、母体や赤ちゃんへの薬の影響を懸念しなくて良いのもメリットだ。

無痛分娩における補完代替療法について

近年、医療のあらゆる領域に於いて、今までの医療対処に代わる多種多様な手法が盛んになってきている。
無痛分娩のような出産における陣痛をやわらげる目的でも、例を挙げると水中出産やアロマテラピー等、多種多様な手法が普及してきた。
このような手法が今までの医療対処と合わせられたり、代わって利用される事を、補完代替医療と呼称する。
硬膜外麻酔による無痛分娩を希望している産婦でも、出産時に活用出きる補完代替療法を気付いておくと、落ち着いて出産に臨めるとおもわれる。
補完代替療法は、分娩が開始してから医学的な鎮痛対処を受けるまでの間、陣痛に対処するための適切な手段となる。
この補完代替療法のみで最後まで陣痛を乗り越え、無痛分娩の対処をしないで終焉をむかえてしまう事も可能だ。
しかし一般的には、補完代替療法は分娩の痛みを著しく低減したり、取り除くものではなく、鎮痛効果を唱っているわけでもない。
痛みのない分娩を実践するためではなく、出産時の痛みに対処するための手段なのだ。
陣痛をコントロールするのに利用される補完代替療法の中には、鎮痛対処と云うよりも出産哲学と云ったほうが良いものもある。
例を挙げると、陣痛を、肉体的にも精心的にも乗り越えると云う経験に価値があると考慮する産婦は、たとえ補完代替療法のみでは陣痛の低減が待望できなくても、鎮痛薬を活用しない事に固執するだろう。
痛みのコントロールと云う点で、各々の補完代替療法の適切性は、産婦の痛みの感覚、陣痛の強さ、準備や練習のレベル等の多種多様な原因に拠ってちがってくのだ。

アメリカの妊婦と産婦と出産の現状について

アメリカでは、無痛分娩が途方もなく普及しており、6割以上の赤ちゃんが無痛分娩に拠って誕生してくると云う。
産婦がわざわざリクエストしない限り、当たり前のように無痛分娩のための局所麻酔が実践される。
その為、殆どの産婦が医学的な無痛分娩を受ける為に[産婦人科や病院]で出産をする。
[産婦人科や病院]では、緊急事態がおきた場合にすぐにでも対応出きる設備やスタッフが揃っている事、危険度の高い産婦の分娩に対応出きる事、等のメリットがある。
[産婦人科や病院]で出産するデメリットとしては、出産時の立会いに制約がある事、点滴やモニターリングが実践される為、分娩中の歩行等が規制される事、等だ。
またアメリカでも産婦人科や病院以外で赤ちゃんが産める部分として[助産院]がある。
[助産院]では自身の家的な雰囲気で、家族に囲まれて出産が出きる事、薬剤に頼らず自然な分娩を実行できる事等のメリットがある。
しかしながら、麻酔を使用した無痛分娩には対応していない。
その為耐えられないほどの陣痛があって麻酔を受けたいと感覚をもっても対応してもらえないと云うデメリットがある。
アメリカでは産婦人科や病院での出産が一般的だが、自然分娩を志す産婦の為に、後から[助産院]が設立されたのだと云う。
これに対して日本では助産院での出産が一般的であった為、アメリカとは逆と云う事に成る。
分娩をする施設を選択する事は、産婦が初めに実践する肝心な決断だ。
日本ではまだ、アメリカに比べ無痛分娩が充分に普及していない為、無痛分娩を希望する産婦は、対応している産婦人科や病院を探し求めるのにやや苦労が必須に成るかも知れない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める