<幼児の成長>幼児の成長プロセスと心理分析

幼児の成長にかんして

幼児,成長

幼児の成長と云うと、幼い子供をもつ両親は多種多様と気に成る事が少なくないものだ。
近頃は、我が国日本でも急速な少子化が進展し子供の数も激減している。
本当に近頃は目にみえて子供の数が減少してきている事を実感させられる事が少なくないものだ。
だが、これに反比例して幼児教育とか幼児の成長にかんした事への興味と云うのは、父親や母親の中では段々つよくなってきているようにおもう。
幼児の成長にかんして興味をもつ両親が増大してきた理由は、女性の社会進出等の影響で日本人の晩婚化による出産の遅れが進んだ結果、女性の高齢出産がおおくなる事で、兄弟のいない1人っ子が増大する事に理由が有る。
そこで、たった1人の我が子の為に、お金をかけて充分な教育をしてあげようと云う親心が活動する結果が幼児の成長への興味につながるわけだ。


スポンサードリンク

幼児の成長→プロセスと心理分析について

幼児,成長

それではまず、幼児の成長のプロセスとして、幼児の成長と運動の関係にかんして観てみよう。
幼児の歩行運動の開始時期は、1歳から1歳3ヶ月くらいの時期で、2歳を過ぎる頃には、ようやく転ばず走れる歩行運動に成る。
次に、言語の成長にかんして観てみよう。
幼児は、1歳半から2歳までの時期にしゃべれる言語が急速に増大する。
具体例として、この時期の幼児は200言語から300言語ほどしゃべれるように成るし、なんと3歳児の場合だと900言語から1000言語、4歳児だと1500言語から1700言語、5歳児だと2000言語から2500言語までしゃべれるように成るのだ。
幼児の成長と遊びの関係にかんして観てみよう。
1歳未満の場合、ブランコや三輪車と云った機能的な遊びをおぼえはじめ、1歳をすぎた頃から積み木等の構成的な遊び、1歳半を過ぎるとテレビや絵本等の受容的な遊び、2歳を過ぎる頃から、おままごと等の模擬的な遊び等をする。
最後に、幼児の成長心理にかんした外国の分析結果にかんして観てみよう。
この外国の分析結果によると、成長心理として、幼児期に親とのジェスチャーコミュニケーションが豊富だった子供は、語彙能力に優れた能力をもつようになり、就学後の成績も良くなると云う。
更に、意外性のある成長心理としては、親の社会的経済的な地位のレベルが幼児の言語習得に大幅に影響するようだ。
この調査によると、1歳2か月の段階で、高収入で教育水準も高い家庭の子供は平均24種類の意味をジェスチャーで使い分けていたが、親が低収入の場合、ジェスチャーで表せる意味は13種類だけだったと云う。
更にこの風潮は、子供達が学校に入学した後の言語習得能力にも影響がでるそうだ。
以上が、幼児の成長-プロセスと心理分析-の水準だが、自身の子供が上記の水準に遅れているからと云って、[うちの子遅れすぎ・・・・・・何か障害でももっているのかしら・・・・・・]なんて決め付けるのは早計だ。
どうしても気に成るならば、最寄の信用出きる病院等と対話する事をつよくお勧めしたい。


幼児の成長に興味をもつ理由について

21世紀の日本は先行きのみえない具合が継続している。
バブル経済崩壊後ようやく好景気になり、いざなぎ越えをしたと云われても、我々一般人にはいまいちピンと来ないものだし、終身雇用制度の崩壊による雇用の流動化や超高齢化社会等の問題も山積している。
それに近頃では少年少女による不可解な凶悪で陰惨な犯罪も増大している。
これらが、子供をもつ事への懸念の1要素に為っていると云う事実も有ると云う。
マスコミ等で少年少女による不可解で凶悪で陰惨な事件が報道される度に、ワイドショウーのコメンテーターや精神状態の分析医による幼児期のトラウマや幼児期の教育方法(もしくは幼児の成長)の分析が実践されている事は皆さんも御存知だろう。
そういう子育てにかんした懸念からか、幼児の成長にかんした本等がよく売れているみたいなのだ。
勿論我が子に対する早い時期からの英才教育と云う意味で幼児の成長に興味をもってる親御さんも少なくないのだろうが、それ以上に我が子の将来に懸念を実感して、こういった類の本で幼児の成長にかんして勉強している人も少なくないようだ。

幼児の成長にかんして本格的に吟味する際の注意点について

近頃の幼児を成長させる父母は、上記のようなマスコミの過剰な報道や新書等の影響を受け過ぎて幼児の成長にかんして過敏に為っている風潮も観て取れる。
バブル期に青春時代を過ごして就職氷河期を経験したいわゆる団塊の世代のジュニア達よりも下の世代の人達にこういった風潮がつよく閲覧できるようだ。
もし皆さんの中で、自身の子供の成長に多少の懸念がある人は、マスコミの報道や新書等の知識等で早急に決断しないで、最寄の信用出きる病院等と対話する事をつよくお勧めしたい。
なぜなら、幼児の成長と云うのは、実にデリケートな問題なので、医学に詳しくない個人でガッチリ調べようとおもっても限界があるからだ。
幼児の成長にかんして本格的に吟味する際にも、可能な限り外部からの歪んだ知識は無視して、セカンドオピニオン等を活用して複数の専門家の話を聴いてみる方が、ただしい選択肢だと考慮される。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B9%BC%E5%85%90&tbm=blg&output=rss&num=50






代謝を改善して自然治癒力を高める