ピクテの株式ファンドやピクテの投資信託、投資顧問としての活動

ピクテのグロイン、グローバルインカム基準価格、プレミアムブランドファンドにかんして

ピクテ,投資

ピクテとは、ヨーロッパの投資ファンドを管理運営している会社だ。
その歴史は、なんと1805年にまでさかのぼり、スイスの銀行にその起源を閲覧する事が出きる。
1900年からヨーロッパ株式に投資するミューチュアル・ファンドこそがピクテのファンドの始まりだ。
ピクテは他にも、ピクテグロインやグローバルインカム基準価格の公表、そしてプレミアムブランドファンドと云うサービスまで実在する。


スポンサードリンク

ピクテの投資信託と投資顧問としての活動にかんして

ピクテ,投資

ピクテの投資顧問方法は、長期投資信託、分散投資、一貫した運用哲学が採用されているが、至極真っ当な投資顧問姿勢やポーズと云える。
現実にピクテのファンドは、その投資先を世界の社会インフラ関連の公益企業の株式に向けていると云う。
この事により落ち着いた資金運用と危険度回避を実現出きているが、ファンドの購入手数料が高額と云う事で、ピクテの投資信託やファンドの場合は、長期保有が大前提となる。
国際株への投資顧問がその中心だから、たとえ株式運用で利益を上げても、為替による危険度は当たり前の事で、その点でもピクテのファンドは、長期保有がベストと云える。
株式で取引を毎日たびたび実践して、キャピタルゲインを稼いでいるデイトレイダーと云うジャンルの人で、継続的に利益を挙げている人はあまりおおくないと云われているように、株式の場合、緻密な企業分析に拠って、将来性のある企業に限定して資金を投資し、目先の株価変動なんかに惑わされずに、長期的に信託する事こそ、結果的には着実な運用成果を残す事が可能に成るわけだ。
こういった視点から観ても、ピクテは投資先を全世界に探し求めまくり、危険度分散を実践する事で、更に安定的な運用成果を残しているようだ。
ピクテの投資信託やファンドは、このような投資顧問的スタンスを固持しながら、短期的な決算方式を活用して、投資家のユーザーに対しては、適時情報公開と利益分配を実践しているのだ。
これがピクテの投資信託方法と投資顧問としてのスタンスだ。


ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドにかんして

ピクテのファンドの種類がどのようなものなのかと云うと、公益株への株式投資、資産株へ株投資、最高格付国債等の債権投資、日本の上場株式を対象とした日本株投資の4本柱を揃えている。
投資の種類に共通している事は、メジャーやプレミアムと云った、やや落ち着いた大手の投資先を中心にファンドが組まれており、ピクテならではの手堅さと安全性を表している。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、株式と云っても、成果を残している投資ファンドの組み入れも盛んに実行されていて、その意味ではシンプルな株式の構成には為っていない。
債権投資でも、ピクテの対象は、各国政府が発行する国債等ソブリン債券への投資がメインだが、これは債券市場と株式市場の連携的な変動性を上手く考慮したものだ。
資産形成から閲覧すると、安全性に配慮した分散投資を実践する考え方と云うのは、ピクテの投資ファンドであろうと、株式と債権を組み合わせた、ヘッジを考慮しておかねばならないと云う必須事項があると云う事だ。

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)にかんして

先日、私の定期預金が満期になった為、定期預金を更新する事になったのだが、銀行で[3ヶ月のみ金利の良い定期預金(其の後は通常の金利)]と[ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)]のセットのプランはどうかと薦められた。
投資信託には以前から興味はあったが、元本保証じゃないので踏み出せない具合だった。
<現状までは期日が来たら分配金が絶対に支出されている><ここは伸長する会社だ>、と良い情報は教わったのだが、短所にかんしてはまだ教わっていない。
そこでこんな疑惑を纏めてみた。

 

(1)ピクテ自体は安心出きる会社なのだろうか?
(2)投資信託にかんして税金が生じると云う事を以前に耳にしたのだが、源泉徴収等ではどういったところの[何税]扱いに成るのだろうか?
(3)株式公開のグラフが閲覧出きるホームページがインターネット上にあるのとおなじ様に、投資信託の推移等がみられるホームページもあるのだろうか?

 

殊更に(3)は途方もなく気に成るところだが、色々インターネットで検索はしてみたものの、やり方がへたくそなのか、結局把握できる事ができない事が多かった。
私は、超がつくほど投資信託のド素人なの分かる事ができない事だらけなので、本等や口コミ等を観て把握出きた事を以下に記述しておく事にする。
ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)と云うファンドは、主として世界のプレミアム・ブランド企業の株式に分散投資を実践する事を運用方針とした投資信託のようだ。
ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)は、2006年6月に設定された、まだまだ若いファンドだ。
ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)の特性を1年間の指標から観てみたいおもう。

 

リターン(年率)49.12%
危険度(年率)13.47%
アルファ 18.93
ベータ 0.81
シャープレシオ 3.59

 

ここまでの成績はピカピカだ。リターンは、定期預金の100倍以上だ。
但し、危険度を承知しておかねばならない。
このファンドの特性はシンプルに云うと以下のように成る。

 

年率49.12%のリターンに対して、70%レベルの確率で年率13.47%の価格変動がある。
すなわち、危険度ケースでも年率35%レベルは待望できそうだ。
このファンドはベンチマークの値動き1に対して0.81の感応度を所有している。
ベンチマークはMSCI 世界株価指数だ。
感応度が低いと云う事は、その指数の急速な値動きに対して緩やかに動作すると云う事だ。
それを補完するように、このファンドマネージャはスキルに拠って年率18.93%を稼ぎ出している。
近頃6ヶ月のアルファ(年率換算)は6.72と落ちてきている為、現状以降はこまめに指数を点検しておいた方が良いようだ。
この1年間では高い効率でリターンを稼いでいるようだ。
シャープレシオ3.59で、少々乱暴に云うと1の危険度で3.59のリターンを得ていると云う事だ。
ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)にかんして、銀行員は決して私をだまそうとしたのじゃないと考慮される。
しかしながら、危険度指標の解説はここまでは待望出きないかも知れない。
自身で点検する事が肝心だ。
ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)にかんしては、是が非でも国際分散投資と指標の継続的な点検を心掛けて欲しいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める