<三菱東京UFJのVISA Touch>三菱東京UFJのvisa touch(ビザタッチ)と非接触ICによる決済サービス

三菱東京UFJ vizaの後払い式サービスが活用可能になった[ビザタッチ]について

三菱東京,UFJ,visa touch,ビザタッチ,非接触IC

三菱東京UFJ銀行は2008年2月18日、キャッシュカードに[ビザ](viza)のクレジットカード機能を付けている活用者が、後払い式の非接触型IC決済サービス[ビザタッチ]を活用出きるようにしたと発表した。
ビザタッチはクレジットカード世界最大最高手のビザ(viza)・インターナショナルが手がけている代金の支払いサービス。コンビニエンスストアやスーパー等に置かれた端末に携帯電話や専用のカードをかざすと買い物代金を決済出きる。


スポンサードリンク

三菱東京UFJのvisaの正式名称[VISA Touch](ビザタッチ)について

三菱東京,UFJ,visa touch,ビザタッチ,非接触IC

三菱東京UFJのvisaは非接触IC決済サービスを指している。
三菱東京UFJのvisaの正式な名称は[VISA Touch](ビザタッチ)と云うが、これが発売される背景にはクレジット業務に対するテコ入れをする他方で、visa(ビザタッチ)のクレジット決済金融機関として顧客獲得が狙いと考慮されている。
三菱東京UFJの傘下には[DCカード]や[UFJカード]が在り、更にフランチャイザーとしてグループ企業の発行するクレジットカードも、ビザタッチに置き換えて、決済金融機関業務を拡大していく模様だ。


三菱東京UFJの[VISA Touch]のような非接触ICが主流に成る事について

ただ三菱東京UFJのvisaの決済機能を集中化するメリットは、三菱東京UFJのvisaの決済業務にかかわるシステム開発を三菱東京UFJ一行のみでまかない、グループ企業の負担を少なくするメリットがあるのだ。
この事により、グループ企業が三菱東京UFJのvisaの導入がしやすくなり、この普及が促進されると云う相乗効果が待望されていると云う。
三菱東京UFJのvisa(ビザタッチ)が採用している非接触IC決済サービスは、既にJR東日本が2001年11月に導入した[Suica(スイカ)]で著名だが、JR西日本も非接触IC乗車券[ICOCA(イコカ)]等を発売しスタートしたが、基本はソニーが開発した[FeliCa(フェリカ)]の応用技術で、売り上げ処理や決済処理の迅速化がその狙いだ。
ビザタッチを活用した場合、普通のクレジットカードのようにサインや暗証番号入力が全く不必要で、詠み取り機にかざすのみで支払が完了するのでたいへんべんりなのだ。
クレジットカードも現状以降は、ビザタッチにみられる非接触ICが主流に成ると予測されているが、新システムへの移行に一足早く手を打った三菱東京UFJの対応や手法は、さすがと言わざるを得ない。

三菱東京UFJの[VISA Touch](ビザタッチ)の偽造や悪用について

三菱東京UFJのvisa(ビザタッチ)で採用している非接触IC決済サービスは、非接触ICの偽造や悪用も既に事例が報告されている為、完璧に安全とは云えない。
三菱東京UFJのvisa(ビザタッチ)でも非接触ICに指認証の機能をプラスした[スーパーICカード]と云うカードも発行しているが、ATM取引等は限定した端末からしか出きない等、利便性と信用力の狭間でもがいているのが現状だ。
現状以降三菱東京UFJのvisa(ビザタッチ)は今までの[DCカード]や[UFJカード]を取り込み、グループ企業のクレジットカードを巻き込んで、クレジットカードの統廃合による、効率化を目指す事に成るはずだが、普及のカギを握るのはやっぱり、非接触IC決済サービスの信用力と利便性に、どう折り合いをつけていくかと云う問題になってくると予測されていると云う。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める