<リーガホテルとは?>リーガホテルと系列のホテルにかんして

リーガホテルの歴史と系列のホテルについて

リーガ,ホテル

リーガホテルと云えば関西の高級ホテルと云うイメージだ。
勿論スペインのプロサッカーリーグのリーガエスパニョーラとは全く無関係だ。
このようなリーガホテルとは一体どのような歴史を辿って発展してきて、また、これからどこへ向かおうとしているのだろうか。
ところでリーガホテルと云う呼び名で我々は短くして云うが、大阪にあるこのホテルは省略しないで云えばリーガロイヤルホテルだ。
これはリーガロイヤルホテルチェーンの一部で在り、正式名称は株式会社ロイヤルホテルと云う事らしい。
疑う余地もなく系列ホテルには、リーガグランドホテルやリーガホテルゼスト高松のように、[ロイヤル]と云う文字がくっつかないホテルもあるが、ここはやっぱり正式名称にどおり、リーガロイヤルホテルと云う呼称を使用しておく事にする。


スポンサードリンク

リーガホテルの住所や開業の歴史について

リーガ,ホテル

さっきも述べた通り、リーガロイヤルホテルは大阪に実在する。
具体的には大阪市北区中之島5丁目3番68号が住所だ。英語での表記はRIHGA ROYAL HOTEL。この[RIHGA]と云うのは英和辞典に載っている英単語ではなく、Royal International Hotel Group & Associatesの頭文字を採用したものだ。
リーガロイヤルホテルの歴史は古く、はるか戦前にまでさかのぼり、その時の名前もしくは名称は[新大阪ホテル]と云ったそうだ。
1932年に大阪市と住友合資会社等の大阪の有力財界が協力して設立したと云う。
リーガロイヤルホテルの外観はルネサンス風の様式を真似したものだった。
ルネサンスとは驚きだ。リーガロイヤルホテルの現実の開業は1935年で、中之島の住友中之島ビル(当時の呼び名ではダイビル)の近くで開業したそうだ。
大阪近辺に居住している人は把握できるとおもうが、このような地理的な関係で、[新大阪ホテル]と云っても、JRの新大阪駅とは全く何の関係もないホテルだ。
勿論、この時代のその時点では[新大阪駅]自体大阪には実在していない。


リーガホテルのこれからについて

現状のリーガロイヤルホテルが開業されたのは1965年のことだ。初めは[大阪ロイヤルホテル]と云う名前もしくは名称だったと云う。
後に[ロイヤルホテル]、更に1990年に[リーガロイヤルホテル]と改称していった。
リーガロイヤルホテルはこういった具合に住友グループとの結束がつよい成り立ちな為、2006年に森トラストが筆頭株殊更に成るまでは、リーガロイヤルホテルは実質的には住友グループ傘下と呼称して良い状態だった。
住友に縁の深い新居浜市に出店しているのはその為だ。
リーガロイヤルホテルは情けなくも2006年には海外出店事業からも撤退しており、建物自体の老朽化対策等、多種多様な面で変化の試行錯誤をしなければいけない時に立ち会っているようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






代謝を改善して自然治癒力を高める